中学校 未来探究コース

未来探究コースNEW
2021年4月誕生

学びのポイント

「未来探究」で養う
未来型リーダーシップ

週1時間「未来探究」の時間を設け、答えのない課題に向かう力を鍛えます。グループでの討論はもちろん、日本文化やグローバル社会、福祉、平和など、SDGs(持続可能な開発目標)を意識しながら学習し、未来型リーダーシップを養います。

学力の土台となる基礎を
徹底して学ぶ

基礎学力の養成を徹底。「探究的」学習指導でくり返し学習するだけではなく、自分で考え、応用・発展的な問題を解決できる力を身につけます。

英語の4技能を
バランスよく伸ばす

外国人講師を5人(専任講師2名)配置し、英語の4技能をバランスよく伸ばします。検定試験(結果が得点で表示される)を通して自分の英語力を見える化します。

iPadを活用した授業で
情報発信力を磨く

iPadをグループ学習や調べ学習などに活用。また、全教室にモニターやプロジェクターを設置し、双方向授業を目指します。

中学3年間のカリキュラム

[ ]内の数字は週あたりの時間数

  • ※隔週土曜日には授業が行われます。
  • ※カリキュラムは一部変更することがあります。

CAMPUS LIFE in KYG

神戸山手の生徒たちはどんなふうに学び、
どのような発見に刺激を得ているの?
ある日のキャンパス内外の取り組みを
ピックアップしてご紹介します。

日本の文化を学ぶ

「美しく生きる」ことを考える経験。

茶道や華道を体験する授業を設け、女性としての美しい所作や言葉づかいを一人ひとりが身につけられるようにしています。校内にはいたるところに花がいけられ、季節や時間の流れを自然と感じることができる、情緒あふれる豊かな空間となっています。

華道は嵯峨御流、茶道は裏千家、それぞれ専門の講師の先生方にご指導いただきます。また、希望者は、課外講座を利用することでより深く学ぶこともできます。

静かに一人で勉強する

学ぶ意欲を引き出す神戸山手。

神戸山手の建学の精神「自学自習」は、自ら意欲的に学んで前に進む力を身につけるためのキーワード。校内には個別学習ブースがつくられており、静かに一人で学びたい人に最適のスペースです。また、高校生になれば、自習室は夜8時まで使用可能です。

自習室

図書館

6万冊以上の蔵書を備え、開放的な学習スペースがあります。大きなスクリーンでプレゼンテーションの練習も可能です。

お家で授業を受ける

オンライン教育でも一歩先へ。

2020年は春から休校が続いていましたが、5月からオンラインで全学年の授業をスタート。昨今の大変な状況下でも、伸び盛りの知性を、すくすくと育てるように導いています。生徒たちは一人一台のiPadを用いて、全員が時間割通りに授業を受けることができました。

知らないことを知り視野を広げる

異文化や人権・福祉などを学ぶ。

実際に社会を取り巻くさまざまな課題や日常的に体験する機会が少ない異文化に触れ、社会の背景を学んで視野を広げるためのプログラムを各種開催しています。人間、平和、性、マナーなどについて学び、調査するなかで、心を豊かにもつことをめざします。

異文化体験

海外の伝統的な文化に触れる機会を設け、異文化理解に必要なことを学びます。同時に日本文化を見つめる視点も身につけます。

福祉体験

車椅子での通行などを体験し、社会を異なる目でとらえられるようにします。ほかにも点字や手話体験なども行います。

社会で仕事を体験する

広い視野を育て、未来を考える。

学力とともに内面の成長を促すため、独自の探究学習を行っています。中学2年生では地元の元町商店街の協力を得て、3日間の体験学習を実施。題して、ワークエクスペリエンス。さまざまな体験を重ねて社会の仕組みを学び広い視野を育てます。

外国人の先生とおしゃべり

英語を楽しみ、英語が身近に。

外国人講師が担当する英語の授業は少人数制で実施し、必ず発言を求められるようなレッスンで英語が身近になるように指導しています。授業外でもマンツーマンで外国人講師の指導を受けることが可能。英語でのコミュニケーション力をぐんぐん伸ばせる環境です。