山手ルネサンス

山手ルネサンス、始動。

創立100周年に向け、神戸山手は変わります。
社会・他者への貢献に喜びを見出す
未来型リーダーシップを持つ女性を育てます。

創立96年目を迎えた神戸山手女子は、地元である元町商店街の方々の「女子にも高等教育を」という温かい思いを支えに、大正13年、この諏訪山の地に「山手学習院」として創設されました。以来、確かな女子教育を通じて、自立した女性の育成に努めてまいりました。創設100周年に向け、その伝統ある教育を新しい時代にふさわしい内容に進化させ、神戸山手女子は未来で輝く女性の育成をめざして教育改革に取り組みます。
「山手ルネサンス」とは、これまでの伝統を重んじながらも、予測のつかない未来社会で、女性として豊かで幸せな人生が送れる、そんな学力と能力を培うことができるよう、新しい時代に求められる魅力ある学校への進化を志したスローガンです。そこでこの度、新たに3つのCを教育ミッションに掲げ、未来志向の教育を開始します。
独自の教育プログラムの実践により、グローバルな視野を持ち、積極的に社会へ参画し、社会・他者への貢献に喜びを感じる心優しい女性を育成します。他者を敬い、主体的・能動的に自らの人生を切り開く対話力を持ち、柔軟性に優れ、権威や立場にとらわれない「未来型リーダーシップ」を発揮する女性として世界へ送り出します。

「探究」は生活を豊かにするための「学びのかたち」

関西国際大学教授
中央教育審議会委員
荒瀬 克己

答えが一つだけとは限らない。そもそも、答えがあるかどうか分からない。そういうことは、実際に生活する中ではよくあることです。学校の中だけで閉じない学びを実現しようとする新学習指導要領では、「探究」という取り組みを重視しています。それは、これからの社会において、「混とんとした状況の中に問題を発見し、答えを生み出し、新たな価値を創造していくための資質や能力が重要になる」(「高大接続システム改革会議最終報告」2016年3月)という認識からです。よりよく生きる「知恵」を身に付けるための学習が求められます。気づいたことや疑問を大事にして、それぞれが、あるいは一緒に、納得できる答えを求めて取り組む......「探究」は、生活を豊かにするための「学びのかたち」です。

神戸山手独自の探究学習

予測不能なこれからの世界を生きる子どもたちが
道を迷わないように。

探究活動の内容を検討する過程で「『不思議の国で自分の道を見つけられるアリス』を育てます。 "Alice with self Navigation in Wonderland"」という合い言葉をつくりました。なぜ「不思議の国」なのでしょうか? それは、生徒たちが生きる未来社会は予測できないからです。
いきなり難しい話になり恐縮ですが、2040年台半ばにはシンギュラリティ(Singularity:人工知能(AI)が人類の知能を超えるとされ、それによって社会に大きな変化が訪れる)が予想され、産業革命に匹敵する大変化となって私たちの暮らしを変えていくといわれます。しかも、その変化は(人力や馬に頼っていた産業革命前に生きていた人たちが車や鉄道が主流になる未来世界を予想できなかったように)想像をこえる大きなものになるそうです。まさしく生徒たちには、不思議の国に迷いこんだアリスのような未来が待っているのかもしれません。
私たちは、そのような未来を幸せに生きるために必要な力として、変化に対応できる力、社会の変容や地球規模の災害など予測できない事象に対して積極的に自らの行動を意思決定できる力が重要と考え、それらを育てる方法のひとつとして探究学習を位置づけました。
探究学習では、まず生徒自らが身の回りから課題を見つけ、その解決に向けて情報を収集・分析・調査します。その際、周囲の人と意見交換・協働したりしながら進め、考えや意見などを集約し発表します。そして、発表を通じて得た知見や疑問を通して新たな課題を見つけ、さらなる問題の解決に挑みます。このくり返しが生徒たちの視野を広げていくと考えています。
神戸山手では探究活動をくり返すことで、自分・地域・日本・世界と視野を広げることを目標とし、カリキュラムを設定しています。

段階的にステップアップ!
探究型学習6年間のスケジュール

探究活動の展開

メインテーマ:
「自分、地域、日本、世界、そして未来の自分」 〜未来の自分をデザインしよう〜
サブテーマ:
神戸山手は、「不思議の国で、迷わないアリス」を育てます。 "Alice without hesitation in Wonderland"
学年 中1 中2 中3 高1 高2 高3
グレード・テーマ 自分を探求 地域発見 日本発見 世界を探究 世界へ発信 未来の自分
キャッチフレーズ Search for our Life Discover Kobe Discover Japan Study our World Send to the world Alice without hesitation in Wonderland
総合的な探究の時間 茶華道、着付け ワークエクスペリエンス、防災震災学習、地産地消 平和学習、障害者教育(ユニバーサルデザイン) 探究の導入とSDGsテーマの設定 SDGs活動の発信 進路実現への連携

探究学習「やまてのまど」

世界を、自分を、新たな目で見つめる。

本校独自の探究学習「やまてのまど」を開講します。「自分」からスタートして「地域」「日本」「世界」「未来の自分」と学年が進むごとに探究テーマを広げていくことで、広い視野を持ち幸せに生きるためのスキルを身につけます。教科の枠を越えた課題解決の活動では、発信と振り返りを繰り返し、「自分」と「他者から見た自分」との差を確かめます。

探究型学習指導の導入

学習プロセス・学習成果を生徒自身が振り返り、「手応えのある計画的な学び」につなげる。

探究学習を充実させた独自の学習プログラムを行う本校では、進路や日々の学習指導も探究型へ。生徒自らが自分の学習方法やテストの得点の分析を行い、自らの課題を設定し、その課題を解決する探究型学習指導を行います。
定期考査では、すべての教科において、基礎・標準・応用の3段階の難易度に区分して問題を出題します。そして、生徒は試験前に各教科の学習課題を列挙し、優先順位をつけて学習します。考査実施後、試験結果について「基礎・標準・応用のどの問題が解けたか」「試験前の学習方法は適切だったか」などの観点から振り返ることで、自分はどこが弱かったのか、どのような学習が不十分だったのかを「見える化」します。また、大学入試対策では、外部の模擬試験の全国偏差値を基準として定期考査同様3段階にレベル分けし、その得点を集計することで、志望大学に合格するにはどの問題が解けなければならなかったのかを把握します。神戸山手では、考査や模試の実施後に毎回リフレクションアワーという各自の振り返りをする時間を設け、結果分析から課題を導き出し、生徒自ら具体的な課題を設定して学習することで、確実に弱点を克服することができます。
このように、学習指導も探究型にすることで、校内生活で探究活動のPDCAサイクルが多く存在することになり、生徒の主体性を伸ばし、効率よく且つエビデンスに基づく的確な指導を可能とします。また、eポートフォリオの活用で、振り返りをファイル化し、成長記録の集積を行います。

定期試験の「探究的」
学習指導のステップ

PDFダウンロード

学びのループが未来志向のリーダーシップ(権限によらないリーダーシップ)を育みます。

神戸山手女子中学校高等学校副校長
関西国際大学准教授
石井 豊彦

「やまてのまど」は、視野を広げる探究学習。探究型学習指導は「自分の学力向上」を課題として担任の先生と行う課題解決学習といえます。このように、神戸山手での学校生活では、「探究」の機会がたくさん存在します。
未来志向のリーダーシップは、周りの人たちを目標に向けて能動的に行動させる影響力と定義されています。解決方法を考え、意見を交換して実行する。失敗したら、その原因と理由を考えて新たな解決方法を考えて実行する。このように、探究を連続させる学びのループが、失敗が成功に結びつく経験となります。そして、失敗に伴う痛みに向き合うことで、自分や友人へ寄り添う優しい心が育ち、未来のリーダーシップを身につけることができます。

グローバルな視野の拡充とICTの活用

英語とICTをツールに、グローバルな視野で学びます。

これからの時代を生きる人に求められるグローバルな視野を養うため、教科横断型の授業を行い、特に英語教育とICT教育を一層充実させます。英語をコミュニケーションツールとして捉え、使える英語を習得し、さまざまな学習に生かします。また、生徒たちはiPadを一人一台所有し、学校生活のあらゆる場面で活用します。ICTの活用により、国内外問わずオンラインミーティングの実施が可能となり、SDGsの掲げる17の目標を意識しながら世界的視野の育成をめざします。

中高大連携は異次元の充実度

未来の「なりたい!」が見つかる。
関西国際大学との中高大連携教育で、社会を知り、自分の将来を考える。

学校法人濱名山手学院に所属する関西国際大学とは、併設関係にあり、同大学と強力に連携し、生徒たちが「未来を考える」チャンスを豊富に設けます。
大学教員から専門領域や仕事の魅力などを学ぶ特別な講習なども開講する予定です。

Keyword

医療・看護

超福祉社会に医療従事者として働くために必要なことなどを学びます。

Keyword

心理

「心」の時代と呼ばれるなか、人の心と行動を仕事に活かす方法などを考察します。

Keyword

マーケティング

消費者は何を求めているのか、社会のニーズを探る目の養い方に注目します。

Keyword

観光

21世紀最大の成長産業といわれる観光の仕事や業界のこれからを学びます。

Keyword

幼児教育

子どもたちの心に寄り添い成長を支える「先生」の仕事について考えます。

充実した中高大連携教育を推進。
関西国際大学での学びを体験できます。

併設大学「関西国際大学」は女子生徒の「将来なりたい」を可能にする6学部7学科を設置。2020年度に新設された中高大連携センターを介して大学の学びを体験することで、社会のさまざまな問題に触れ、広い視野を培います。

関西国際大学は実践型の学びを重視。
さまざまな資格の取得が可能です。

<取得可能な資格>

看護師・助産師・保健師国家試験受験資格/認定心理士/社会福祉士/幼稚園・小学校教諭一種/中学校・高等学校教諭一種(英語・社会・公民)/保育士資格/総合旅行業務取扱管理者/ウェブデザイン実務士 など

  • *学部学科により取得できる資格は異なります。

関西国際大学

自律し、社会に貢献できる、心豊かな世界市民を養います。

自ら考え、責任を持って行動し、より豊かな社会の創造に貢献できる人の育成をめざしている関西国際大学。2021年4月から学部・学科体制を刷新し、次代を見つめた新しい教育・研究に取り組んでいきます。

三木キャンパス(大学本部)

尼崎キャンパス

神戸山手キャンパス

「使って学ぶ」英語学習

世界の人とともに働く未来へ。
グローバルな学びも充実。

グローバル社会に重視される英語コミュニケーション能力を段階的に高めます。小・中の復習からスタートし、英語の暗唱・対話・議論...とレベルを上げて学習。常駐の外国人教員5名による少人数教育に加え、放課後のマンツーマンレッスンやオンライン英会話などを取り入れて「使える英語力」をしっかりと伸ばします。

「英語の山手」ならではの多彩なプログラム。

Active English(AE)

少人数で行う英会話の授業。外国人講師はもちろん、日本人教師もオールイングリッシュで、「使える英語」の習得をめざします。

Y2-Chat(ワイワイ・チャット)

放課後に無料で外国人講師とのマンツーマンレッスンを受講できます。英検の面接対策や海外研修希望者の日常会話練習などを実施。

英語暗唱大会(中学校)

例年、校内英語暗唱大会を開催し、各自が英語の発音に磨きをかけています。中学3年生では、代表者が学外の英語暗唱大会に出場します。

検定対策講習(高等学校)

実用英語技能検定試験の対策を行います。1次試験の得点力アップをめざすサポートをはじめ、2次試験の面接対策も実施します。

ジェシカ先生

みなさん、こんにちは! ジェスです! 私は、みなさんが英語を話し、読み、書き、聞く力を伸ばすために、力になりたいと思っています。英語は難しいし退屈だと思う人もいるかもしれませんが、みなさんができるだけ楽しく勉強できるように、必ずサポートします。私にとって、英語を教えるのも英語の広い世界を知るのも楽しいことです。ここ山手で、みんなと一緒にその体験をしたいです! 教室で会いましょう!

Hello, everyone! I'm Ms. Jess! I'm here to help you develop your skills in speaking, reading, writing and listening skills in English. English can be difficult and boring but we can make it as enjoyable as possible. Guaranteed, that I will be of great assistance. I enjoy teaching and exploring the vast world of the English language. I hope to share it with you here in Yamate! See you in our class!

ポーラ先生

英語は第二言語として広く世界中で教えられ、使用されています。英語を学ぶことはみなさんの可能性という扉を開けるだけではありません。多様性(さまざまな人種や価値観があること)を正しく理解し、他の文化に対する思いやりの心を育み、世界の見方を広げてくれます。新しい言語を学ぶのには努力が必要になりますが、挑戦することにより喜びが得られます。英語学習は有益な実学でもあります。特に中学生、高校生にとってはこの先進学するためにも、また将来のキャリアにもつながるような、かけがえのない力となるはずです。こういう体験を通じてみなさんは無限の可能性を切り開き、世界と関わることで手に入るびっくりするような素晴らしい体験をすることができるのです。

English is widely taught and used around the world as a second language. Learning English not only opens up doors of opportunities but it also widens our perspective of the world by helping us appreciate diversity and develop sensitivity towards other cultures. Although the process of learning a new language comes with a few hardships, it is a challenge that we must gladly take on. Learning English is a rewarding experience for it provides invaluable skills especially to students as they progress through their education and on to their future careers. Through this, they can explore endless possibilities and enjoy amazing experiences that the world has to offer.